イギリス【NHS】 未熟児への授乳 Breastfeeding your premature baby

この記事は約14分で読めます。
スポンサーリンク
Breastfeeding your premature baby
Why breast milk is important in helping your premature baby, how to express breast milk for a premature baby, and tips on breastfeeding directly from the breast...

Your breast milk is important to your baby at any age. Giving your premature baby your breast milk benefits their health as well as yours.
母乳は、何歳になっても赤ちゃんにとって大切なものです。未熟児に母乳を与えることは、赤ちゃんの健康だけでなく、あなたの健康にも役立ちます。

Breast milk:
母乳のメリットは下記の通りです。

・helps protect your baby from infections, particularly of their gut – premature babies are more likely to get infections
・contains hormones, nutrients and growth factors that help your baby to grow and develop
・is easier for your baby to digest than formula milk, because it’s human milk specially designed by your body for your baby
・未熟児は感染症にかかりやすいので、感染症、特に腸の感染症から赤ちゃんを守ります。
・赤ちゃんの成長と発達を助けるホルモン、栄養分、成長因子が含まれています。
・赤ちゃんのために特別に作られた母乳なので、粉ミルクよりも消化しやすいです。

If your baby is very small or sick, they may not be able to breastfeed from your breast at first. But, you can start regularly collecting your breast milk (called expressing) as soon as possible after your baby’s born. This will help get your milk supply going and the milk you express can be frozen so you can give it to your baby later. Then you can start breastfeeding from the breast once you and your baby are ready.
赤ちゃんがとても小さかったり、病気だったりすると、最初はおっぱいから母乳が出ないかもしれません。しかし、赤ちゃんが生まれたらできるだけ早く、定期的に母乳を採取すること(搾乳といいます)を始めてください。そうすることで、母乳の出がよくなりますし、搾乳した母乳は冷凍保存しておけば、後で赤ちゃんに与えることができます。そして、あなたと赤ちゃんの準備が整ったら、授乳を始めることができます。

Even if you were not planning to breastfeed, you could express your breast milk for a while to help boost your baby’s immune system in the early weeks after birth.
Spending lots of time close together with your baby can help boost your breast milk supply and establish breastfeeding.
授乳をする予定がなくても、産後数週間は母乳を搾乳して、赤ちゃんの免疫力を高めてあげましょう。
赤ちゃんと一緒に近くでたくさん過ごすことで、母乳の出がよくなり、授乳を確立することができます。

Skin-to-skin contact with your premature baby:未熟児の肌との触れ合い

If your baby is well enough, you’ll usually be encouraged to spend time holding them against your skin as soon as possible. This is sometimes called kangaroo care.
赤ちゃんが十分に元気であれば、通常、できるだけ早く抱っこして肌に当てて過ごすように勧められます。これはカンガルーケアと呼ばれることもあります。

Your baby will usually be dressed just in a nappy, hat and socks and then placed inside your top, under a blanket, or in a soft sling so they can be held securely against your skin. If it’s cold outside you can also put them in a sleeveless vest with an open neck.
赤ちゃんは通常、おむつと帽子、靴下だけを身につけ、上着の中や毛布、柔らかいスリングに入れて、肌にしっかり触れるようにします。外が寒ければ、首の開いたノースリーブのベストを着せてもよいでしょう。

This skin-to-skin contact helps you feel close to your baby. Your partner can enjoy this kind of contact as well.
このスキンシップは、赤ちゃんを身近に感じることができます。パートナーもこのような接触を楽しむことができます。

For your premature baby, skin-to-skin contact:
未熟児の赤ちゃんにとって、スキンシップは下記の効果があります。

・reduces stress and/or pain
・promotes healthy weight gain
・helps to establish breastfeeding
・helps them sleep better
・helps to regulate and support their heart rate and breathing
・ストレスや痛みを軽減します。
・健康的な体重増加を促進します。
・授乳を確立するのに役立ちます。
・赤ちゃんがよく眠れるようになります。
・心拍数や呼吸を調節し、サポートします。

For mums, skin-to-skin contact:
お母さんとって、スキンシップは下記の効果があります。

・helps reduce your chance of developing postnatal depression
・increases your confidence as a new parent
・can help make breastfeeding easier and increase the amount of milk you make
・産後うつになる可能性が低くなります。
・新しい親としての自信がつきます。
・授乳が楽になり、母乳の量も増えます。

For dads and partners, holding your baby skin to skin:
お父さんやパートナーにとっても、赤ちゃんとのスキンシップは大切です。

・helps you bond with your baby – babies can hear both parents’ voices in the womb and will be calmed by the sound of your voice as well as their mum’s
・helps you feel more confident as a parent
・赤ちゃんは胎内で両親の声を聞くことができるので、お母さんの声だけでなく、あなたの声でも落ち着くことができます。
・親として自信を持てるようになります。

Expressing milk if your baby is premature:未熟児の搾乳について

It’s recommended you express often, ideally at least 8 times a day to begin with – including at least once at night – to keep your milk supply up.
In the early days, it’s often easier to express your milk by hand. Your midwife or a breastfeeding supporter can show you how.
You’ll probably only express a few drops to begin with but, if you hand express often, this will increase. Even if you are only expressing a small amount it will still help your baby.
母乳の出をよくするために、最初は1日に8回以上(夜間も1回以上)搾乳することをおすすめします。
最初のうちは、手で母乳を出す方が簡単な場合があります。助産師さんや授乳サポーターがやり方を教えてくれます。
最初は数滴しか出ないかもしれませんが、手搾りの回数を増やせば、だんだん出るようになります。たとえ少量であっても、母乳を出すことは赤ちゃんのためになります。

In the early days you can collect your breast milk in a small, sterile cup and store it in a syringe.
Once you are producing more milk, you could try using a breast pump. If your baby is in a neonatal unit, the hospital will usually be able to lend you an electric breast pump for expressing your milk. If they cannot lend you one, you can hire one.
最初のうちは、母乳を小さな滅菌カップに溜めて、シリンジに保存しておくと良いでしょう。
母乳の量が増えてきたら、搾乳器を使ってみるのも良いでしょう。赤ちゃんが新生児室に入院している場合、病院では通常、母乳を搾乳するための電動ポンプを貸し出してくれます。貸してもらえない場合は、レンタルすることもできます。

The staff, your midwife or a breastfeeding supporter can give you advice about how to increase your milk supply. They can also show you how to encourage your milk to flow and how to use a breast pump.
Always ask for help early if you have any worries or questions.
スタッフ、助産師、授乳サポーターは、母乳量を増やす方法についてアドバイスしてくれます。また、母乳の出をよくする方法や搾乳器の使い方も教えてもらえます。
不安や疑問がある場合は、必ず早めに相談しましょう。

Tube feeding your baby:赤ちゃんへの経管栄養

Babies do not normally learn to co-ordinate the sucking, swallowing and breathing needed for feeding until about 34 to 36 weeks of pregnancy.
If your baby is born before this time, they may need to have breast milk via a feeding tube to begin with. This goes through their nose or mouth into their stomach. The staff in the neonatal unit can show you how to feed your baby this way.
赤ちゃんは通常、妊娠34~36週頃までは、授乳に必要な吸引、嚥下、呼吸を協調して行うことが出来ません。
それ以前に生まれた赤ちゃんには、まず哺乳管を通して母乳を与える必要があるかもしれません。これは、鼻や口から胃の中に入れるものです。新生児室のスタッフが、この方法での授乳の仕方を教えてくれます。

Babies who are very premature or sick may need to be fed via an intravenous (IV) line to begin with. A fluid containing nutrients is fed straight into your baby’s vein.
未熟児や病気の赤ちゃんは、まず静脈注射で栄養を補給する必要があります。栄養を含んだ液体を赤ちゃんの静脈に直接注入します。

Using donor breast milk:ドナー母乳の使用

Some hospitals can provide donated breast milk for your baby to have until your own supply is established.
病院によっては、自分の母乳が出るようになるまで、赤ちゃんにドナー母乳を提供することができます。

If donor breast milk is not available, your baby can have formula milk until you’re producing enough breast milk.
母乳が出ない場合は、母乳が十分に出るようになるまで、粉ミルクを与えることができます。

It’s recommended you do not buy donor milk over the internet. This is because the source cannot be confirmed and you cannot be sure whether the donor or the milk has been screened for infections.
インターネットでドナー・ミルクを購入しないことをお勧めします。出所が確認できず、ドナーやミルクの感染症検査が行われているかどうかわからないからです。

Moving on to breastfeeding your premature baby:未熟児の授乳への移行

While holding your baby, you may notice them try to move towards your breast. Gradually, as they develop and get stronger, they will be able to breastfeed directly.
抱っこしていると、赤ちゃんがおっぱいのほうに行こうとするのがわかるかもしれません。赤ちゃんが成長し、体力がつくと、徐々に直接母乳を与えることができるようになります。

The first time you try it, the hospital staff may ask you to express first, then put your baby to your breast. This is so your baby is not overwhelmed when your milk lets down.
初めて母乳を与えるときは、まず母乳を出し、それから赤ちゃんを胸に抱くように指示されることがあります。これは、母乳が少なくなったときに、赤ちゃんに負担をかけないようにするためです。

At first, your baby may only lick the breast, then next time take a few sucks until they gradually become happy and confident feeders.
最初はおっぱいをなめるだけかもしれませんが、次に何度か吸わせることで、次第に喜んで自信を持っておっぱいを飲めるようになります。

You can combine tube feeding with breastfeeding until your baby is getting everything they need from the breast only.
赤ちゃんが必要なものをすべておっぱいから得られるようになるまで、経管栄養と授乳を併用すると良いでしょう。

Using a lactation aid (supplementer):授乳補助食品(サプリメント)の使用について

You could also consider using a lactation aid. This is a way of supplementing your baby’s breastfeeds with either expressed breast milk or formula.
A tiny tube is taped next to your nipple so your baby can get milk via the tube as well as from your breast while attached to your breast. This helps to support your baby as they get used to attaching to the breast.
また、授乳補助具の使用も検討してみてはいかがでしょうか。これは、組成乳や粉ミルクで母乳を補う方法です。
乳首の横に小さなチューブを貼り、おっぱいにくっつけたまま、おっぱいからだけでなくチューブからも母乳が出るようにします。この方法は、赤ちゃんがおっぱいに慣れるのをサポートするのに役立ちます。

イギリス【NHS】 授乳の仕方 How to breastfeed

コメント

タイトルとURLをコピーしました