イギリス サイダー(りんご酒)とビールについて Cider Beer

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

サイダー(りんご酒)とビールを間違えた

サイダー(りんご酒)とビールを間違えたことに気付けず、ショックだったので、サイダーはビールの一種なのかどうかについて調べた。

事の始まり

コーンウォール旅行中とあるホテルのレストランにて、ワテはビールを注文した。
特にビールに拘りは無かったので、たまたま目についた「コーニッシュ」という単語の入ったものを注文した。

それはビールというにはあまりにもフルーティーすぎた。
泡は、薄く、軽く、そして甘すぎた。

なんだこれゲロマズと思って飲んだが、帰ってから調べてみると、どうやら「ビール」ではなく「りんご酒」だったことがわかった。

ワテはショックを受けた。
「ビール」と「りんご酒」の間違いに気付かなかったことにショックを受けた。
まさかこれが「味覚障害」!?
このご時世に旅行に行っているから、バチが当たったのだろうか?
いや、このご時世に旅行に行っているから、コロナに当たったのか???

少なくとも、ビールのメニューから選んだ気がするんだけどな。

別のレストランにて

お!!!このレストランでも「りんご酒(Cider)」が売っている。
しかも、どう見ても、ビール一覧の中にあるよね。

やはり「りんご酒」は「ビール」の一種ということだろうか?
やはりあの日、ワテは間違っていなかったんだ。

細かい事を言うと「From The Tap」と書いてあり「ビール」とは書いてない???

イギリス英語で「サイダー(Cider)」とは

「サイダー(Cider)」は日本の感覚では「炭酸水」だが、イギリスでは「りんご酒」らしい。
ちなみにアメリカではノンアルコールの「りんごジュース」らしい。
下記に国別の「サイダー」をまとめる。

サイダー(Cider)のイメージ
イギリスりんご酒。主に炭酸入りのりんご酒を指す。
日本香味が付けられた炭酸水。レモネード的なもの。
フランス りんご酒。主に炭酸の入っていないりんご酒を指す。
アメリカりんごジュース

シードル(Cider)とは

フランスでは「サイダー(Cider)」ではなく「シードル(Cider)」と読むらしい。

ホントだ!
フランス語の発音のルールは全く理解していないが「Cider」を「シードル」と読めなくもない気がするぞ!

シードルビール

ググるとシードルビールという言葉が出てくる。
じゃあ「りんご酒」は「ビール」の一種ということで良いのか???

ビールの定義

下記は、国税庁HPの「ビールと発泡酒の違い」だが、これがビールの定義ということでいいかな?

ビール・発泡酒に関するもの|国税庁

【ビールと発泡酒の違い】(びーるとはっぽうしゅのちがい)我が国の酒税法では、使用原料と麦芽の使用割合により、ビールと発泡酒を区分しております。

< ビール >
ビールは、A:麦芽、ホップ及び水を原料として発酵させたもの(麦芽の使用割合100%)及びB:麦芽、ホップ、水及び麦、米や果実、コリアンダーなどの香味料等の特定の副原料を使用して発酵させたもので、麦芽の使用割合が50%以上のものをいいます。

< 発泡酒 >
発泡酒は、麦芽又は麦を原料の一部とした発泡性のある酒類で、具体的には、A 麦芽の使用割合が50%未満のもの、B ビールの製造に認められない原料を使用したもの、C 麦芽を使用せず麦を原料の一部としたものが該当します。

国税庁

どうも、麦芽を使っていないとビールではなさそうだね。
りんご酒はビールではないね。
お疲れ様でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました