60点 イギリス【旅行】 ヴィクトリア&アルバート博物館 Victoria and Albert Museum

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

「ヴィクトリア&アルバート博物館」へ行ってきた。
正直、劣化版「大英博物館」という感じはする。
普通の人間なら、どちらか片方しか選べないなら「大英博物館」に行くでしょ。
(「ヴィクトリア&アルバート博物館」も「大英博物館」も入場料は無料)

その為、空いており、待ち時間なしで入場出来るし、中も混んでいなくて快適であった。
「大英博物館」をまともに見たら、10時間くらいは必要かと思う。
どうせ4時間も見たら、飽きて出てくるでしょ。

「ヴィクトリア&アルバート博物館」は、ざっくり1周+食事休憩で約4時間であった。
最初から割り切って、こちらを選ぶのも有りかもね。

ヴィクトリア&アルバート博物館:Victoria and Albert Museum

V&A · The world's leading museum of art and design
Welcome to the V&A – the family of art, design and performance museums

ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(Victoria and Albert Museum)は、現代美術や各国の古美術、工芸、デザインなど多岐にわたる400万点の膨大なコレクションを中心にしたイギリスの国立博物館。
本館は首都ロンドンのケンジントンにある。
ヴィクトリア女王(1819年 – 1901年)と夫アルバート公(1819年 – 1861年)が基礎を築いた。
略称「V&A」。

館内にはホールをそのまま流用したカフェテリアがあり、ケーキと紅茶やコーヒーが楽しむことができる。

Wikipedia

< 入館料 >
無料

複数個所、有料のイベント展のようなものがあった。
値段は割と高い。

一か所くらいは有料ヶ所にも入ってみようと思い、ベアトリクス・ポターの展示に入ってみた。
ボッタクリだなと思った。

館内の写真

人無し

実際にはそれなりに見学者はいたが、それほど混んではいなかったので、ガラガラ風の写真がたくさん撮れたので、載せておく。
これら写真が容易く撮れるくらいには空いていた。

ハー・マジェスティーズ劇場:Her Majesty’s Theatre

「ハー・マジェスティーズ劇場」のミニチュア。

こういう仕掛けで、ファントムが消えたりしてたんだね。きっと。

ミケランジェロのダビデ像:Michelangelo’s David

ダビデ像のレプリカが展示されていた。
想像よりもデカくて驚いた。

等身大スケールだと思っていたが、どうやら2倍の様である。

こっちから見てもデカい。

ハンターに狙われてもデカい。

黒光りしたケツもデカい。

下から見上げてもデカい。

鳥たち(ワテの趣味)

ライオンたち(ワテの趣味)

その他

日本コーナーに「au」の携帯が展示されていた。
ワテの愛用していた「Neon様」が展示されていた。

中庭も充実している。

館内のカフェで食事休憩

世界で初めて美術館にカフェを併設させたとのこと。

イギリス【旅行】 ロンドン1泊2日 ハー・マジェスティーズ劇場等

コメント

タイトルとURLをコピーしました