イギリス スパイファミリー 聖地巡礼など

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

スパイファミリーで、イギリスがモデルとなった個所がいくつか見受けられる。

フォージャー家

コミック 1巻

上記写真の建物等が似ている。
イギリスによくあるタイプの構造。

イーデン校

「イーデン校」は、「イートン校:Eton College」がモデルになっているらしい。

イートン校の視察に行ってきた。

コミック 1巻

門は全然違うが、銅像とその奥の建物がそれなりに同じ感がある。

銅像をもっとよく見たかったが、中には入れなかった。

コミック 1巻

航空写真で銅像の位置が良くわかる。
「イーデン校」は「イートン校」をモデルにしているようであるが、その他周りの景色はだいぶ異なっている。

上記は、ウィンザー城から撮影した写真。

時計台

時計台と聞いて、とりあえずビッグベンが頭に浮かぶ。

コミック 4巻

恐らく、モデルはビッグベンで間違いないかと思う。

一緒に買い物(デパート)

絵を見た瞬間に、ピンと来る。
ハロッズでしょ。

コミック 6巻

ちょうど良い角度の写真が無かったので、グーグルマップから拝借。
隣接した建物は変わっているが、これはハロッズで間違いないと思う。

コミック 6巻

等身大のマスコットキャラが置いてある点も、ハロッズと同じ。

番外編 おしろのレンタル

イギリスではなくドイツではあるが、アーニャのイーデン校合格祝いでレンタルするおしろのモデルは「ノイシュヴァンシュタイン城」らしい。
ディズニーのシンデレラ城のモデルにもなったと言われている。

以前にドイツへ旅行へ行ったときに撮ってきた写真があった。
似てる・・・?

イギリス ドイツ スパイファミリー 舞台について

コメント

タイトルとURLをコピーしました