40点 イギリス【旅行/世界遺産】 ウェストミンスター寺院 Westminster Abbey

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

世界遺産でもあり人気スポットのひとつ。
でもワテには良さがよくわからなかった。

注意 ウェストミンスター大聖堂とウェストミンスター寺院

「ウェストミンスター寺院」の近くに、「ウェストミンスター大聖堂」があるが別物。

ウェストミンスター寺院について

A royal church | Westminster Abbey
A royal church in the centre of London offering daily services for all and a World Heritage Site with over a thousand years of history.

ウェストミンスター寺院は、イングランド国教会の教会。聖ペテロ修道教会。
戴冠式などの王室行事が執り行われ、内部の壁と床には歴代の王や女王、政治家などが多数埋葬されている。
墓地としては既に満杯状態で、新たに埋葬するスペースはもはやなくなっている。
国会議事堂(ウェストミンスター宮殿)が隣接している。
イギリス中世の大規模なゴシック建築である。

多くの学校や職場で使用されている始業、終業のチャイムの音階は、同寺院のために1927年に作曲された「ウェストミンスターの鐘」が元となっている。

Wikipedia

ワテはこういうものに疎いので良くわからないが、ここは「壮大なお墓」ということ???

< 入場料 >
大人:£24.00

別途、クイーンズダイヤモンドジュビリーギャラリー
大人:£5.00

寺院内の見学

なかなか壮大ではあるものの、見慣れてきたため感動は薄い。

それなりに混んでいて、なかなか入れない。

Visitors to Westminster Abbey are welcome to take personal photographs in the church
ウェストミンスター寺院の訪問者は、教会内で個人的な写真を撮影することを歓迎します。

中は撮影禁止だと思っていたが、禁止はされていないようだ。
それどころはウェルカムと書かれている。
しかし「個人利用に限る」という感じのことが書いてあるので、ブログへのアップは止めておく。

ウェストミンスター寺院の建物自体が十字架という説明があった。
グーグルマップで見てみると、確かに十字架になってるね。

オーディオガイドでいろいろと説明してくれるのだけれども、イマイチ乗り切れない。
結局、ウェストミンスター寺院は単なるお墓なので、ここで何かがあったわけではない。
ただ、死後ここに埋葬された人たちのことをツラツラ語られても、退屈なんだよね。。。

寺院内には至る所に故人が埋葬されており、普通にその上を歩くことになる。
ニュートン、ダーウィン、シェークスピア等が埋葬されているとのこと。

不謹慎な感じがするし、ホラーな感じがするが、イギリスの常識はまたちょっと違うのかな?

クイーンズダイヤモンドジュビリーギャラリー:The Queen’s Diamond Jubilee Galleries

The Queen’s:女王の
Diamond:ダイヤモンド
Jubilee:記念行事
Galleries: 美術館

The Queen's Diamond Jubilee Galleries | ウェストミンスター寺院
High above the Abbey floor, the Galleries in the beautiful 13th century triforium display our greatest treasures and tell the story of our thousand-year history...

< 値段 >
大人:£5.00
ウェストミンスター寺院とは別途料金が掛かるが、こちらだけ入ることは出来ない。

寺院内の高層部にギャラリーがある。
正直、更に興味が持てない内容で、何が飾ってあったか覚えていない。

寺院を上から見下ろすことが出来た点は良かったなと思う。

エレベーターもあるが、階段(108段)で登ることも出来る。
通常1階13~15段くらいなので、7~8階分登ることになる。

なにやらいろいろな鉱石が見れそうだったので、階段でゆっくり登ることにした。
しかし、鉱石感はまったくなかった。
よく読むとエレベーターのシャフトが石で覆われていると書いてある。

帰りはエレベーターで降りたが、忘れていたので見て来なかった。

イギリス【旅行】 ロンドン ウェストミンスター寺院 ロンドン塔

コメント

タイトルとURLをコピーしました