イギリス【旅行】 セント・ジャイルズ大聖堂 St Giles’ Cathedral

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

セント・ジャイルズ大聖堂:St Giles’ Cathedral

400 Bad Request

< 入場料 >
無料

854年に建造され12世紀に再建、王冠の形をした屋根が印象的なゴシック様式の教会。
宗教改革の際に多くの装飾が破壊された。

ヨーロッパの古い建造物って、実物なんだけど鉛筆で描いたような絵に見える。

セント・ジャイルズ大聖堂の中

どれが特に見どころなのかよくわからないので、いろいろと写真を貼っておく。

セント・ジャイルズ大聖堂周辺

ジョン・ノックスの銅像:John Knox

ジョン・ノックス(1510年 – 1572年)は、スコットランドの牧師、スコットランド宗教改革の指導者、長老派教会の創立者。
スコットランドのセント・アンドルーズ大学で教育を受ける。
ノックスはジョージ・ウィシャートなどの初期改革者の影響を受けて、スコットランド教会の改革に着手した。

Wikipedia

セント・ジャイルズ大聖堂の隣にあったカフェネロ

相変わらず、カフェネロはお洒落な店舗が多い。

アダム・スミスの銅像:Adam Smith

アダム・スミス(1723年 – 1790年)は、イギリスの哲学者、倫理学者、経済学者。
主著に倫理学書『道徳感情論』(1759年)と経済学書『国富論』(1776年)など。
スミスが生きた18世紀のイギリス社会は政治の民主化、近代西欧科学の普及と技術革新、経済の発展といった「啓蒙の世紀」であった一方で、格差と貧困、財政難と戦争といった深刻な社会問題を抱えた世紀でもあった。
光と闇の両側面を持つ18世紀イギリス社会はアダム・スミスの思想に大きく影響したとされる。

Wikipedia

名前は聞いたことがある。

デイヴィッド・ヒュームの銅像:David Hume

デイヴィッド・ヒューム(1711年 – 1776年)は、イギリス・スコットランド・エディンバラ出身の哲学者である。
ジョン・ロック、ジョージ・バークリーらに続き英語圏の経験論を代表する哲学者であり、歴史学者、政治哲学者でもある。生涯独身を通し子供もいなかった。
イギリス経験論哲学の完成者で、主著に『人間本性論』がある。

Wikipedia

頭にコーン被せられていたけど、いいのかな?

イギリス【旅行】 エディンバラ Edinburgh

コメント

タイトルとURLをコピーしました