イギリス【旅行】 ノッティンガム ビクトリアセンターとその周辺 Victoria Centre

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

特に深い意味は無いが、ノッティンガムのビクトリアセンターへ行ってきた。

ビクトリアセンター:Victoria Centre

Victoria:ビクトリア(ローマ神話の勝利の女神)
Centre:中心

ビクトリアセンターは、1967年から1972年にかけて建設された、イギリス・ノッティンガムのショッピングセンター。
ノッティンガム最大の屋内市場。
1967年に取り壊された旧ノッティンガム・ヴィクトリア鉄道駅の跡地に建っている。
ショッピングセンターの上には、26階建て、高さ256フィート(78m)のヴィクトリアセンターフラッツが南北に伸びている。

1970年、動刻作家のローランド・エメットに依頼され、「アクア・ホロジカル・ティンナビュレーター」として知られる「水動力」時計を設計・製作した。
時計は1972年末に設置され、正時と30分にチャイムを鳴らし、ラモーの組曲「クラヴサン小品」ホ短調から「ジーグ アン ロンドーII」(1724)を演奏した。
この音楽アニメのオブジェは、もともと下の商店街にあり、待ち合わせ場所として人気があった。
その後、時計は15分ごとにチャイムを鳴らし、音楽を奏でるように改良された。

Wikipedia

駐車場:Victoria Centre Car Park (North)

エメットクロック:THE EMETT CLOCK

ビクトリアセンター内のお店

イギリスに来たばかりの頃は、ショッピングモール等へ行く度に目新しい店ばかりであったが、慣れてくるとほとんどがチェーン店とわかり、目新しさが無くなってしまった。
ここでも特に目新しいお店はなかったので基本的には割愛。

アーネストジョーンズ:Ernest jones

Jewellers Since 1949 - Diamond & Watch Specialist- Ernest Jones
Established for 70 years, Ernest Jones is one of Britain's finest purveyors of diamond jewellery and watches. Browse our collection today.

アーネストジョーンズは、英国の宝飾品・時計メーカー。
1949年にアーネストとステラ・ワインスタインによって設立され、ロンドンのオックスフォード・ストリートに最初の店舗がオープンした。
アーネスト・ジョーンズはダイヤモンドと時計を専門とし、ブライトリング SA、オメガ SA、タグ・ホイヤー、カルティエ SA、グッチ、エンポリオ・アルマーニといったブランドを扱っている。
アーネスト・ジョーンズは、シグネット・ジュエラーズ・グループの一員であり、イギリス国内に約180店舗を構えている。

Wikipedia

イギリスの宝石チェーン店。
王室御用達と見せかけて、よく見ると王室御用達ではない。
誰だよ、この出来損ないの仏教みたいなのは。

Ed’s easy diner

ビクトリアセンター周辺をブラブラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました