かもめの掃除機論

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

幼少期、実家の掃除機を見ていて

小学生だったか、中学生だったか、気が付いたときにはワテは掃除機が嫌いだった。
掃除機が嫌いというか、家事としての掃除機タイムが嫌いだった。

ファミコンをプレイ中に、母が掃除機を使用すると、バグが発生するとか、そういう話ではない。
家事の手伝いで掃除機を使用するのが単純に嫌いだった。

コンセントをイチイチ抜き差しする行為。
電源コードが邪魔でゴミが吸えないもどかしさ。
それでいて、あまり綺麗にならないし、角部のゴミが取れない。

これ、掃除してるって言えるの?
面倒くさいだけで、たいして綺麗になって無くない???

目に見えて綺麗になっていく掃除は好きなんだけど、そういう分野ってモップとか水拭きの分野だと思う。

絨毯に対しては掃除機は必要なんだろうけど、目に見えて綺麗になっていく様子が実感できない。

なんだろう。。。
掃除機っていらなくない?
ずっとそう思って、母の掃除機タイムを見ていた。

別にワテが掃除機を使用するのでなければ文句は言わないけど、その掃除機タイム、意味あるの?

大学生~社会人、初めての一人暮らし

一人暮らしにあたって、掃除機は絶対にいらないと思っていた。

床は、掃除機よりも綺麗に掃除が出来る、クイックルワイパーで掃除する。

掃除機が必要になる時というのは、ガラスを割ってしまった時と、絨毯を掃除するときだけだと思っている。
だから、最初からガラス製品と絨毯を買わないようにした。

一人暮らし開始から結婚までの約10年間、一度も掃除機を欲しいと思わず、一度も掃除機が必要な瞬間は訪れず、無事一人暮らしは終わった。

結婚後

嫁らいおん
嫁らいおん

いや、ガラス&陶器の食器は欲しいし、絨毯も欲しいし、掃除機も必要でしょ。

かもめ
かもめ

Oh…

掃除機は、必要だから売られているし、必要だからみんな持っている。
そんなことには気付いているんだ。。。

使ってみれば便利かもしれないし、気に入るかもしれない。

そもそもワテが掃除機を嫌いな理由は、あらかた電源コードのせいである。
時代は変わった。いまはコードレス掃除機というものがある。

掃除機、絨毯、ガラス製品。
人生の縛りが解放される。文明開化の音がする。。
2016年、結婚を機にワテの掃除機人生が始まろうとしていた。。。

ワテの歴代掃除機

ワテの掃除機時代は、コードレス掃除機から始まる。

使ってみれば便利なものである。
ちょっと溢した粉ものや米を吸うのには適しているし、車の中の掃除等も出来る。

今現在でも、コード有りの掃除機を持つくらいなら、持たない方が良いという考えは変わっていないが、コードレス掃除機であれば歓迎だ。

むしろ、現在ダイソンのコードレス掃除機を使っているが、もう手放せない。
掃除機の無い人生は考えられない。

マキタ コードレス掃除機(充電式クリーナー) CL110DWI

充電式クリーナ CL110D/株式会社マキタ

正確に製品番号があっているか自信が無いが、恐らくこれだ。
詳細はまたいつか。

ダイソン コードレス掃除機V10 Dyson Cyclone V10 animal

コメント

タイトルとURLをコピーしました