鍋 フライパン 材質について

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

鍋を買うにあたって、いろいろと調べてみたことをまとめる。

鍋 材質の種類

鍋の材料として代表的なものについて、鍋の性能として重要な熱伝導率の高い順に並べた。
「テフロン鍋」や「ホーロー鍋」というのもあるが、あれは表面加工の話なので、別途扱いとする。

直観では「鉄の鍋」が良いように感じる。
まあ直観というか、一般論的な感じだよね。
「やっぱ鉄の鍋っしょ」みたいなところあるよね。

材料化学式
熱伝導率
[W/m·K]
比熱
[kJ/kg-K]
密度
[kg/m3]
比熱×密度
(熱容量)
[kJ/k-m3]
電気伝導率
[S/m]
Cu3860.398960344959.5 × 10^6
アルミニウムAl2040.902700243037.7 × 10^6
Fe670.467870362810.0 × 10^6
チタンTi170.53454023972.38 × 10^6
ステンレスFe:74,Cr:18,Ni:8160.50782039251.35 × 10^6
石英ガラスSiO21.40.71221015691.33 × 10^-18
陶器1.40.80240019203.33 × 10^-15

熱伝導率について

鍋の性能として重要と書いたが、結局のところ高いほど良いのか、低いほど良いのか不明だ。
ネットで調べると、大体「熱伝導率が高いから良い」ということが描かれている。

熱伝導率が高ければ、火の熱が伝わるのが早い。
また、冷めた場所にも素早く熱が移動するため、焼きムラを抑えることも出来る。

基本的には熱伝導率は高いほど良いようには思う。
でも、鍋は「じっくりコトコト」したいから、高ければ良いというものでもないのかな。
作る料理によって最適解は変わりそうだ。

熱伝導率が高ければ、同時に「熱しやすく冷めやすい」ことになる。
「熱しやすく冷めやすい」は熱伝導率だけでなく熱容量にも依存する。

比熱×密度(熱容量)について

熱容量が高ければ、温めるのには時間が掛かってしまうが、冷め辛い。
鍋をチンチンにしておくことで熱伝導率の低さもカバー出来るように思う。

鍋の厚さをアップさせることで、熱容量を稼ぐことも出来る。

密度について

重さ。

アルミがとにかく軽くて使いやすい。
安くて、軽くていので、なんかこう初心者感ある。
熱伝導率は高いし、基本的にはアルミでいいんじゃない?
というか、アルミがいいんじゃない?

電気伝導率について

鍋の性能とは関係ない。
金属においては熱伝導率と電気伝導率は比例する。(熱も電気も、自由電子が運ぶ為)
本当に比例しているなという自己満。

ここまでの評価

いや、「鉄の鍋」ってクソじゃん。
重いし、熱伝導率悪いし。熱容量は高めだけど…。
何よりも、錆びるから、メンテ面倒だし。
玄人感出したいだけの、マゾ専用アイテムじゃん。

数字だけ見ると、銅の鍋が良さそうだよね。

でも「じっくりコトコト」したいから、熱伝導率は低くてもいいかもしれない。
実際に圧倒的に熱伝導率の低い「土鍋」も、美味しい料理が作れるで有名だもんね。

鍋 材料の種類について再評価

上の表は、正直カッコ良く科学感出したくて作ったところがある。
取り扱いの指標を加えて、再評価してみた。

材料化学式 等熱伝導率
[W/m·K]
重さ保温メンテ
面倒度
ワレる度
Cu386××
アルミニウムAl204
Fe67×××
チタンTi17
ステンレスFe:74,Cr:18,Ni:816××
石英ガラスSiO21.4×
陶器1.4×

こう見ると、「鉄」は劣化版「ステンレス」にしか見えなくなってきた。

熱伝導率は低い方が良いかもしれない。
鍋なら料理中に持ち上げることは無いので、重くても許せる。
作ってすぐに食べるのであれば保温はどうでも良い。

そう(無理やり)考えると、急に「ステンレス」が輝いて見えだした。
ステンレスの分厚い鍋を買おう!!!

ステンレスの分厚い鍋を探すが、見つからない

とは思ったものの、探してみると、ステンレスの分厚い鍋が見つからない。
鉄は厚さが5mm程あるようなものがあるのに…。

鉄の鍋はなんかこう、美味しい料理が出来そうな雰囲気なんだよね。

美味しさの秘密 - LODGE(ロッジ)|公式ブランドサイト
スキレットやダッチオーヴン、グリルパン等...

絵なのに美味しそう。

もう本当に、形はこのまま、ただ材質がステンレスってのがいいんだけど。
製造過程の問題で出来ないのかな?
ワテが知らないだけで、良くない理由でもあるのかな?

鉄は錆びるから、メンテナンスが面倒なんだよね。

最終的に、鉄の鍋を購入

最終的に、鉄の鍋を購入した。
ホーロー加工してあるから、メンテも楽そう。
金属タワシでゴシゴシ出来ないのが難点。

コメント

タイトルとURLをコピーしました