イギリス スーパーマーケット テスコ Tesco

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
https://www.tesco.com/

テスコについて

イギリス国内店舗数は2100以上であり、イギリススーパーマーケットの売り上げでぶっちぎりのNo.1。
イギリスの食料品市場のシェア30%、全小売売上高の14.3%。(https://www.supermarket.co.uk/tesco.htmlより)
2019年の年間売上は£56.9Billion(約8.0兆円、金額は£1=140円で計算)(参考:イオンの売上は約8.2兆円)

24時間営業の店もあり、そうでなくても夜23時や24時まで営業しているため、仕事などで夜遅くにスーパーに行く必要がある人にとっては非常にありがたいスーパーマーケット。

イギリスのBIG4と呼ばれる大手スーパーマーケット(セインズベリーズモリソンズ、テスコ、アズダ)のひとつ。

値段も低めの設定であり、総合バランスでは一番良いスーパーマーケットだと思う。

2020年夏くらいからだと思うが、クラブカードで安くなる商品が非常に多くなった。
もはやクラブカード価格で買わないと損した気分になる。

テスコの店舗の種類

スーパーのような大きな店舗や、コンビニのような店舗等がある。
下記のような6種類の店舗に分類される。(https://www.supermarket.co.uk/tesco.htmlより)

テスコ・スーパーストア:Tesco Superstores

テスコの最も標準的なお店。
食料品や、雑貨に加え、薬局も併設されている。

テスコ・エクストラ:Tesco Extra

スーパーストアを超えたスーパーマーケット、それがテスコ・エクストラ。
ハイパーマーケットと言うらしい。
スーパーマーケットとしての機能だけでなく、電化製品や服など、いろいろなものを売っている。

イギリスで最も大きいテスコが、ニューカッスルにある下記のテスコらしい。
いつか行ってみたいね!

テスコ・メトロ:Tesco Metro

こちらは中規模のテスコ。
雑貨などは無いが、食料品は十分といった感じ。
街中にあるイメージ。

テスコ・エクスプレス:Tesco Express

いわゆるコンビニ。
街中に単独であったり、ガソリンスタンドに併設されていたりする。

テスコ・ホームプラス:Tesco Homeplus 

食料品以外のものが売られている倉庫型の店舗らしい。(https://www.supermarket.co.uk/tesco.htmlより)
調べてみると、どうも2015年くらいに閉店している模様。

ワンストップ :One Stop 

テスコの子会社(2003年に買収とのことなので、元々別のコンビニだったのかな?)で、エクスプレスよりも小さなコンビニ。
入ったことは無いので、今度チャレンジしてみたい。

テスコクラブカード:Tesco Clubcard(ポイントカード)

イギリス スーパーマーケット まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました