60点 イギリス 紅茶 コーニッシュティー Cornish Tea

この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク

< 商品名 >
Cornish Tea:コーンウォールの紅茶(ブランド名)

Smugglers Brew:密輸者の醸成
A refreshing daily brew from the west country:西の国からの爽やかな毎日の醸成

Smugglerの直訳は「密輸者」であるが、近くに「スマッグラーズ湾」があるので、ここの地名から取ったものと思われる。

通称「オレンジボックス」で、ヨークシャー地方の「ヨークシャーティー」に並んで、コーニッシュ地方の「コーニッシュティー」と言う感じらしい。HPによれば。
しかし販売開始が2012年と、割と歴史が浅い。

この製品は、コーンウォール旅行に行ったときに、地元のスーパーマーケットで適当にパケ買いしたものである。
一応、盛大に並んでいたので、地元民から愛されてはいそうな製品であった。

コーンウォールは軟水なので、軟水に適した紅茶ではあると思う。
ワテは軟水の方が好きなので、ありがたい。

< 値段 >
Sainsbury’s(セインズベリーズ):£2.50(80杯)(£0.03/杯)

< 感想 >
値段は安く、普段飲みに使える紅茶。
特別に美味しい訳ではないがが、癖が無く、ウーロン茶感覚で飲める紅茶。
イギリスなので紅茶だと思っているし、「Tea」を「紅茶」と訳しているが、本当に「紅茶」なのかも良くわからない。

記念のお土産がこの値段で、この味なら普通にイイ感じ。

We love tea.
You’ll love our tea.
We could be happy together.
私たちは紅茶が大好き。
あなたは私たちの紅茶を大好きになる。
私たちは一緒に幸せになれる。

The tale of our tea:私たちの紅茶の物語

Two lads from Cornwall, Tom and Duncan, had a dream. They wanted to create something for the people of Cornwall and beyond. Something that celebrates all that is wondrous and scrumptious about their county AND something that EVERYONE could enjoy. ‘Let’s put the kettle on and have a think!’ The pair deliberated, brains working slowly (and we mean REALLY SLOWLY). Then ‘PING’, as the kettle boiled the lightbulb moment came… ‘TEA’, they cried… ‘Of course, it’s TEA!’
コーンウォールの2人の若者、トムとダンカンは夢を持っていました。彼らは、コーンウォールの人々、そしてそれ以外の人々のために何かを作りたかったのです。自分たちの住むコーンウォールの素晴らしいところ、おいしいところをすべて称え、誰もが楽しめるようなものを。「ヤカンをつけて、考えよう!」。二人は、ゆっくりと(本当にゆっくりと)頭を働かせながら、検討を重ねました。そして、やかんが沸騰したとき、「ピン」と光ったのです…「紅茶」と彼らは叫びました…「もちろん、紅茶だ!」と。

Cornwall’s passion for tea harks back to the 18th Century, when heavy duties and taxes made it an expensive upper class treat and therefore a highly-prized cargo for local smugglers. Until 1784 that is, when William Pitt The Younger slashed the taxes, allowing the love of tea to spread among the masses – and putting the smugglers out of pocket.
コーンウォールの紅茶への情熱は、18世紀にさかのぼります。当時、紅茶には重い関税と税金がかかり、上流階級の高価なご馳走だったため、地元の輸送業者にとっては非常に貴重な貨物でした。1784年、ウィリアム・ピットが税金を引き下げたことで、紅茶が大衆の間に広まり、輸送業者も窮地に追い込まれたのです。

The master blenders for Cornish Tea have been working their magic since 1934. The tea is carefully selected from some of the finest estates in Kenya and around the world. Tom and Duncan (with a helping hand from Uncle Harvey) have it shipped back to the UK, mixed to their secret blend profile and packed into neat little bags of joy offering a delicious and refreshing cuppa, every single time.
コーニッシュティーのマスターブレンダーは、1934年以来、魔法をかけ続けています。茶葉は、ケニアをはじめとする世界中の最高級の農園から厳選されたものです。トムとダンカン(ハーベイおじさんの助けもあり)は、紅茶を英国に輸送し、秘密のブレンドプロファイルに調合し、小さな袋に詰めて、いつでも美味しくさわやかな一杯を提供しています。

So here you have it – SMUGGLERS BREW…a tasty everyday tea for everyone to enjoy (well, almost for those that prefer it, they’ve developed some lovely ‘Cornish Coffee’. But that’s another story….).
秘密の輸送醸成は、誰もが毎日楽しめるおいしい紅茶です(もちろん、コーヒーが好きな人のために、おいしい “コーニッシュ・コーヒー “も開発しました)。でも、それはまた別の話……)

Smugglers crew:スマグラーズクルー(私たちの仲間達)
Local Cornish Heroes who have been nominated for a place on our box!
コーニッシュ紅茶は、地元コーニッシュの英雄にノミネートされました。


SINPRINT (Max & Lee):シンプリント(マックス&リー)
Cornish-based Drum & Bass DJ/Producer Duo ‘SINPRINT’ recently signed to the same label as SIGMA, the well know chart topping duo. Their debut single “The Distance/ Hyperink” is available online. Typical Cornish boys, when not stuck behind the decks you can catch them in the sea, a vision of the (near) future we think! ‘Don’t forget us on the way up lads!’
コーンウォール出身のドラム&ベースDJ/プロデューサーデュオ「SINPRINT(シンプリント)」が、チャート上位のデュオとして知られるSIGMAと同じレーベルと最近契約を結びました。デビューシングル “The Distance/ Hyperink “はオンラインで購入可能です。典型的なコーニッシュ・ボーイズで、デッキに張り付いていないときは海で泳いでいるような、(近い)未来のビジョンです。上へ行くときは俺たちを忘れるなよ、若者たち!」。

Memoriam Lewis ‘Bonzo’ Butters:追悼 ルイス・「ボンゾ」・バッターズ
There’s not much we can say about ‘Bonzo’ that isn’t already known: an adored grandad, father, friend and true legend of the sea. Bonzo went from boat builder to revered skipper on a number of trawlers. Known as ‘a smart fisherman with great character’ and to gain this title in Cornwall is a mark of someone rather special. miss you Grandad, love all family.
「ボンゾ」について、すでに知られていないことはあまりありません。慕われる祖父、父、友人、そして海の真の伝説です。ボンゾはボートビルダーから、数々のトロール船のスキッパーとして尊敬を集めました。コーンウォールでこの称号を得ることは、特別な人物の証です。

Jack & Anya bond:ジャック&アーニャの絆
Jack & Anya were pivotal to the success of Cornish Tea, in the early days bravely giving up their bedroom for office space to help us create what we have today. The next generation of tea lovers, naughty but always nice, two faces of the future and lifetime members of the crew. ‘love from us all’
ジャックとアーニャはコーニッシュティーの成功に欠かせない存在で、創業当初は果敢にも寝室をオフィススペースとして提供し、今日のような形になりました。次世代の紅茶愛好家、いたずら好き、でもいつもいい子、未来の顔、そしてクルーの生涯メンバーです。「私たち全員からの愛を込めて」

TEA & BISCUITS 2 DUNK OR NOT 2 DUNK?
紅茶&ビスケット 2ダンクか2ダンクではないか?


Often linked to the concepts of Yin and Yang In Eastern Philosophy, the time-honoured tradition of ‘Tea Dunking’ requires a level of skill and technique which only a few will ever truly master!
The combination of the opposing forces of tea & biscult, liquid & solid, Yin & Yang requires nothing other than expert handling to ensure these already delightful treats come together to create one undeniably luscious mouthful.
東洋哲学の陰と陽の概念と結びついたこの伝統的な「紅茶ダンク」は、少数の人だけが真にマスターすることができるスキルとテクニックを必要とします!
紅茶とビスケット、液体と固体、陰と陽の相反する力を組み合わせるには、熟練の技以外にはないでしょう!この楽しいおやつが一緒になって、紛れもなく甘美な一口を作り上げるのです。

BUT TAKE GREAT CARE.. for to dabble just a second too long may result in that flavoursome delight ending up as nothing more than a pile of sludge at the bottom of your cup. After which you, the willing participant, no longer able to distinguish between biscuit and tea are now left feeling dejected, demoralised and frankly uncertain of a brighter future.
The Cornish Tea Co are here to support you in times of DUNKING DISASTER and also share in your DUNKING SUCCESS.. but the talk is now over SO Its time to…DUNK IF YOU DARE!
でも、ちょっとでも手を出すと、せっかくの風味がカップの底でどろどろになってしまいます。ビスケットと紅茶の区別がつかなくなった皆様は、意気消沈し、明るい未来が見えなくなることでしょう。
コーニッシュ・ティー・カンパニーは、この「ダンキングの危機」をサポートし、「ダンキングの成功」を分かち合うためにここにいます。

イギリス 紅茶 ハーブティー その他お茶 おすすめ等 まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました