イギリス 牛乳 青緑赤3色の飲み比べ

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

イギリスの牛乳について

イギリスの牛乳には写真のように、青、緑、赤の3種類がある。
ざっくり言ってしまうと、こんな感じ。

青 : Whole Milk(普通の牛乳)
緑 : Semi-Skimmed Milk(低脂肪牛乳)
赤 : Skimmed Milk(無脂肪牛乳)

テスコにて3種類の牛乳を買ってきたので、飲み比べ。

日本で飲んでた牛乳に合わせて、イギリスでも飲む牛乳を選べばいいかと思う。
一般的には「青」かと思う。ワテは青派だ。

青は脂肪分が3.7%。3.6牛乳ってやつとほとんど一緒ということだね。

(株)明治のHPによると、日本の牛乳区分は下記のようになっているようだ。

種別概要生乳の
使用シヨウ割合ワリアイ
成分衛生基準
乳脂肪分無脂乳固形分
(SNF)
細菌数
/1ml
大腸
菌群
牛乳原料が生乳100%で、均質化(ホモゲナイズ)
処理をしたのち加熱殺菌したもの
生乳100%3.0%以上8.0%以上5万以下陰性
特別
牛乳
特別に許可を受けた施設(牧場)で作られた
一般の牛乳よりも成分的に濃厚なもの
3.3%以上8.5%以上3万以下
成分調整
牛乳
生乳から乳脂肪分や水分、ミネラルなどの一部を
除去して成分濃度を調整したもの
8.0%以上5万以下
低脂肪
牛乳
乳脂肪分を減じて、0.5%以上1.5%以下の間
調整したもの
0.5%以上
1.5%以下イカ
無脂肪
牛乳
乳脂肪分量を0.5%未満まで減らせたもの0.5%未満
加工乳生乳由来の乳製品(バター、脱脂粉乳など)を
生乳に加えたものです。
乳製品と水以外を加えることは
認められていません。
乳飲料生乳や乳成分を主原料に乳製品以外のものも
加えたものです。
乳固形分3.0%以上
(公正競争規約による)
3万以下

食品衛生法に基づく「乳等省令(乳および乳製品の成分規格に関する省令)」より

実際味の方はどうなのか?

赤のSkimmed Milkだけパックが大きいのは深い理由はない。
小さいのが売っていなかっただけ。

Whole Milk(普通の牛乳)

普通に牛乳。飲みなれた牛乳。

Semi-Skimmed Milk(低脂肪牛乳)

薄い。日本の低脂肪牛乳もほとんど同じなのかな?
日本では普段低脂肪牛乳を飲んでいなかったので、残念ながらよくわからない。

この緑の牛乳が、イギリスでは一番好まれて飲まれているおり、標準となっている。

イギリス人は低脂肪が好きなのかな?
鶏肉でも、モモ肉よりもムネ肉の方が需要があるようで、値段もムネ肉の方が高い。
日本と逆だね。

Skimmed Milk(無脂肪牛乳)

飲む前から薄いことがわかる。上の写真でもわかる。
飲んでも薄い。あまりワテ好みではない。

総評

完全に予想通り、イメージ通り、見た目通り。
試すまでもなかったかなとは思う。

おまけ、コーヒー牛乳にしてみた

こちらの味も写真の見た目通りだった。

本当にありがとうございました。

イギリス 牛乳 まとめ

コメント

  1. 木苺 より:

    イギリスの近くで同じく酪農が盛んな国に住んでいますが、料理にバターや生クリームをこれでもかと使うせいで(多少は罪悪感があるのか)、牛乳やお肉に関しては単純に低脂肪一択みたいな感じですよね。しかもロングライフ牛乳が主流だったり、肝心の味も栄養分も全く気にしないんだな…ということがよくわかります。

    • かもめかもめ より:

      ワテも特に栄養分は気にしてないので人の事は言えませんが。
      味はなんでこうなったんだろう、というものが多いですね。

タイトルとURLをコピーしました