チップス フライズ クリスプス 違い まとめ

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

まだ自分でもよく混乱するので、復習も兼ねてまとめておく。

Chips(チップス)

この太いフライドポテトが、「チップス」。
上の写真は、イギリスで有名な「フィッシュアンドチップス」。

Fries(フライズ)

このマクドナルドとかで出てきそうな細いのが「フライズ」もしくは「フライ」。

Crisps(クリスプス)

このポテトチップスが「クリスプス」。
(パブにて、「ポテトチップス」は通じなかった。)

2021年1月追記
日本の「ポテトチップス」はイギリスでは通じないはずだが、下記の製品に「Potato chips」って書いてある!本当に通じないのか!?

イギリス英語とアメリカ英語の違い

アメリカだと、また言い方が違うようだ。

日本太いフライドポテト細いフライドポテトポテトチップス
イギリスチップスフライズ
フライ
クリスプス
クリスプ
アメリカフレンチフライ
フライ
フレンチフライ
フライ
チップス

まとめるとこんな感じ?
アメリカに関してはググって出てきた情報なので、真偽の程はわからない。

「フライドポテト」は通じないらしい。
予想出来るだろ!と思うんだけどね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました