イギリス【王室御用達】 洗濯用粉洗剤 パーシル Persil non bio

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

評価:65点

< 商品名 >
Persil:パーシル(ブランド名)
non bio:非生物の(酵素無し)

< 値段 >
Sainsbury’s(セインズベリーズ):£5.00(37回分)【2021年5月】(£0.14/回)

< 感想 >
粉洗剤の方が、洗い上りがふわっとするという話を聞いた。
長い事ジェルボールを使っていたが、原点回帰してみようと思い、粉洗剤を買ってみた。

使ってみてびっくり。
特にタオルがフワッした洗い上りになる。

柔軟剤を使っているというのもあるが、液体洗剤では柔軟剤を使っても、タオルはここまでフワッとしなかった。

しかしながら、ジェルボールに比べれば、粉をすくうのが面倒だし、柔軟剤を入れるひと手間も面倒くさい。

軽量スプーンが付いているかと思ったが、入っていなかった。
なので、1回当たり50g使うようだが、どれくらい使えば50gかが良くわからない。

もちろん、1回測ってみればいいのだが、面倒だし、適当にやっちゃうじゃん?
適当にやっているが、既に40回くらいは使っている気がするが、まだ半分近く残っている。

この軽量スプーンで8割くらいを目安に使っていた。
測ってみると26gであった。
規定量の半分程度しか使っていなかった。

50mlの計量スプーンなので、ざっくり50gだろうと思っていたが、比重を考えていなかった。
そりゃあ粉だし、間に空気もはいるから、そうだよね。

でも、これで洗濯結果に不満は無いので、これからもこの量でいいかなと思う。

Real change happens when we roll up our sleeves and get dirty.
本当の変化は、袖をまくり上げて汚れたときに起こります。

We all want a cleaner future for our world. That’s why at Persil, we are changing our products to be kinder to the environment.
私たちは皆、この世界のよりクリーンな未来を望んでいます。だからこそパーシルでは、環境に優しい製品に変えていくのです。

エリザベス女王の王室御用達紋章

コメント

タイトルとURLをコピーしました