イギリス【NHS】 乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクを軽減するために Reduce the risk of sudden infant death syndrome (SIDS)

この記事は約16分で読めます。
スポンサーリンク
Reduce the risk of sudden infant death syndrome (SIDS)
Sudden infant death syndrome (SIDS), or cot death, is rare. Find out how you can reduce the risk even further.

It’s not known why some babies die suddenly and for no apparent reason from sudden infant death syndrome (SIDS), or cot death.
Experts do know placing a baby to sleep on their back reduces the risk, and exposing a baby to cigarette smoke or allowing them to overheat increases the risk.
It’s also known there’s an association between sleeping with your baby on a bed, sofa or chair (co-sleeping) and SIDS.
Follow the advice on this page to reduce the risks as much as possible.
乳幼児突然死症候群(SIDS)、または簡易ベッドでの死亡等、理由もなく突然死亡する赤ちゃんがいるのはなぜか、その理由はわかっていません。
専門家の間では、赤ちゃんを仰向けに寝かせるとリスクが下がること、タバコの煙にさらしたり、暖房を効かせすぎるとリスクが上がることがわかっています。
また、ベッドやソファ、椅子で赤ちゃんと一緒に寝ること(添い寝)とSIDSの間に関連性があることもわかっています。
このページのアドバイスに従って、できる限りリスクを減らしましょう。

How to reduce the risk of SIDS:SIDSのリスクを減らすには

To reduce the risk of SIDS:
SIDSのリスクを減らすために

・place your baby on their back to sleep, in a cot in the same room as you, for the first 6 months
・keep your baby’s head uncovered – their blanket should be tucked in no higher than their shoulders
・if wearing your baby in a sling or carrier, do not cover their head with the sling material or with a muslin
・place your baby in the “feet to foot” position, with their feet at the end of the cot or moses basket
・do not let your baby get too hot or cold
・do not share a bed with your baby
・never sleep with your baby on a sofa or armchair
・do not smoke during pregnancy or breastfeeding, and do not let anyone smoke in the same room as your baby
・最初の6ヶ月間は、あなたと同じ部屋のベビーベッドで、赤ちゃんを仰向けにして寝かせましょう。
・赤ちゃんの頭は覆わないようにします。毛布は肩から上の高さにならないようにかぶせます。
・スリングや抱っこひもで赤ちゃんを抱っこするときは、スリングの生地やモスリンで赤ちゃんの頭を覆わないようにします。
・ベビーベッドやモーゼスバスケットの端に足を置く「フィート・トゥ・フット」の姿勢で抱っこする。
・赤ちゃんが暑すぎたり寒すぎたりしないようにする。
・赤ちゃんとベッドを一緒にしない。
・ソファやアームチェアで添い寝をしない。
・妊娠中や授乳中はタバコを吸わず、赤ちゃんと同じ部屋でタバコを吸わせない。

モーゼスバスケットと呼ばれる軽くて持ち運びに便利なタイプと、持ち運びはできないがより頑丈な揺りかご

どちらの場合も、休んでいる赤ちゃんをあちこちに運べるように設計されているのが一般的。
家庭内では、腰をかがめて世話をするときの負担を軽減するために、台などの上に上げて使うことが多い。
バシネットを乳母車やベビーカーに変身させるための車輪付きフレームが一般的。

Wikipedia

Place your baby on their back to sleep:赤ちゃんを仰向けにして寝かせる

Place your baby on their back to sleep from the very beginning for both day and night sleeps. This will reduce the risk of cot death.
Do not put your baby to sleep on their side or tummy.
昼寝も夜寝も、最初から仰向けで寝かせましょう。そうすることで、簡易ベッドでの死亡のリスクを減らすことができます。
横向きやうつぶせで寝かせないでください。

Once your baby is old enough to roll over, there’s no need to worry if they turn onto their tummy or side while sleeping.
赤ちゃんが寝返りを打てる年齢になったら、寝ている間にうつぶせや横を向いてしまっても心配ありません。

Do not let your baby’s head become covered:赤ちゃんの頭を覆わないようにすること

Babies whose heads are covered with bedding are at an increased risk of SIDS.
To prevent your baby wriggling down under the covers, place them in the “feet to foot” position. This means their feet are at the end of the crib, cot or moses basket.
頭が布団で覆われている赤ちゃんは、SIDSの危険性が高まります。
赤ちゃんが布団の中でもがくのを防ぐには、「フィート・トゥー・フット」の姿勢で寝かせましょう。これは、赤ちゃんの足がベビーベッドやコット、モーゼスバスケットの端にあることを意味します。

To put your baby in the feet to foot position:
赤ちゃんをフィート・トゥー・フットに置く方法

・tuck the covers in securely under your baby’s arms so they cannot slip over their head – use 1 or more layers of lightweight blankets
・use a baby mattress that’s firm, flat, well-fitting, clean and waterproof on the outside – cover the mattress with a single sheet
・do not use duvets, quilts, baby nests, wedges, bedding rolls or pillows
If you use a sling or carrier, make sure you use it safely.
・赤ちゃんが頭から滑り落ちないように、カバーを腕の下にしっかりと挟み込む。
硬く、平らで、体にフィットし、清潔で、防水加工されたベビーマットレスを使用する – マットレスにシーツ1枚をかける。
・布団、キルト、ベビーネスト、ウェッジ、寝具ロール、枕を使用しない。
・スリングや抱っこひもを使用する場合は、安全に使用できることを確認する。

Do not let your baby get too hot or too cold:赤ちゃんを暑すぎたり寒すぎたりさせないこと

Overheating can increase the risk of SIDS. Babies can overheat because of too much bedding or clothing, or because the room is too hot.
暖房の効きすぎは、SIDSの危険性を高めます。赤ちゃんは、寝具や衣服の量が多すぎたり、部屋が暑すぎたりすることで、体温が上がりすぎてしまうことがあります。

・When you check your baby, make sure they’re not too hot. If your baby is sweating or their tummy feels hot to the touch, take off some of the bedding. Do not worry if their hands or feet feel cool – this is normal.
・It’s easier to adjust for the temperature by using layers of lightweight blankets. Remember, a folded blanket counts as 2 blankets. Lightweight, well-fitting baby sleeping bags are a good choice, too.
・Babies do not need hot rooms. All-night heating is rarely necessary. Keep the room at a temperature that’s comfortable – about 16 to 20C is ideal.
・If it’s very warm, your baby may not need any bedclothes other than a sheet.
・Even in winter, most babies who are unwell or feverish do not need extra clothes.
・Babies should never sleep with a hot water bottle or electric blanket, next to a radiator, heater or fire, or in direct sunshine.
・Babies lose excess heat through their heads, so make sure their heads cannot be covered by bedclothes, slings or carriers while they’re asleep.
・Remove hats and extra clothing as soon as you come indoors or enter a warm car, bus or train, even if it means waking your baby.
・赤ちゃんの様子を見るときは、暑過ぎないかどうかを確認しましょう。汗をかいていたり、おなかが熱いと感じたら、毛布を少し減らしてあげましょう。手や足が冷たくても心配ありません。
・軽い毛布を何枚も重ねることで、温度調節がしやすくなります。折りたたんだ毛布は2枚と数えることを忘れないでください。また、軽くてフィット感のあるベビー用寝袋もおすすめです。
・赤ちゃんには暑い部屋は必要ありません。一晩中暖房する必要はほとんどありません。16~20度くらいが理想的です。
・暖かければ、シーツ以外の寝具は必要ないかもしれません。
・冬でも、体調が悪いときや熱があるときは、ほとんどの場合で着替えは必要ありません。
・湯たんぽや電気毛布、ラジエーター、ヒーター、火のそば、直射日光の当たる場所では、絶対に寝かせないでください。
・赤ちゃんは頭から余分な熱を発散するので、眠っている間に布団やスリング、抱っこひもで頭を覆われないようにしましょう。
・室内に入ったり、暖かい車やバス、電車に乗ったりしたら、すぐに帽子や余分な衣類を脱がせましょう。

Do not share a bed with your baby:赤ちゃんとベッドを共にしない

The safest place for your baby to sleep for the first 6 months is in a cot in the same room as you.
最初の6ヶ月間は、赤ちゃんと同じ部屋のベビーベッドで寝るのが最も安全です。

It’s especially important not to share a bed with your baby if you or your partner:
特に、あなたやあなたのパートナーが以下のような場合、赤ちゃんとベッドを共にしないことが重要です。

・smoke (no matter where or when you smoke and even if you never smoke in bed)
・have recently drunk alcohol
・have taken medicine or drugs that make you sleep more heavily
・タバコを吸う(どこで吸っても、いつ吸っても、ベッドで吸わなくとも)。
・最近、お酒を飲んだことがある
・睡眠を浅くする薬やドラッグを服用したことがある。

The risks of co-sleeping are also increased if your baby:
また、以下のような場合にも、添い寝のリスクは高まります。

・was premature (born before 37 weeks), or
・had a low birthweight (less than 2.5kg or 5.5lb)
・未熟児(37週未満で生まれた)、または
・低出生体重児(2.5kg以下)である。

As well as a higher risk of SIDS, there’s also a risk you might roll over in your sleep and suffocate your baby.
Your baby could also get caught between the wall and the bed, or roll out of an adult bed and be injured.
SIDSのリスクが高まるだけでなく、寝返りをうって赤ちゃんを窒息させてしまう危険性もあります。
また、壁とベッドの間に挟まったり、大人用ベッドから転げ落ちてケガをしたりすることもあります。

Never sleep with a baby on a sofa or armchair:ソファやアームチェアに赤ちゃんを寝かせないこと

It’s lovely to have your baby with you for a cuddle or a feed, but sleeping with your baby on a sofa or armchair is linked to a higher risk of SIDS.
It’s safest to put your baby back in their cot before you go to sleep.
赤ちゃんを抱っこしたり、ミルクをあげたりするのは楽しいことですが、ソファやアームチェアに赤ちゃんを寝かせていると、SIDSのリスクが高くなると言われています。
赤ちゃんは、寝る前にベビーベッドに戻すのが一番安全です。

Do not let anyone smoke near your baby:赤ちゃんのそばでタバコを吸わせない

Babies exposed to cigarette smoke before and after birth are at an increased risk of SIDS. Do not let anyone smoke in the house, including visitors.
Ask anyone who needs to smoke to go outside. Do not take your baby into smoky places.
If you smoke, sharing a bed with your baby increases the risk of cot death.
出生前後にタバコの煙にさらされた赤ちゃんは、SIDSのリスクが高まります。来客も含め、家の中では誰にもタバコを吸わせないようにしましょう。
タバコを吸いたい人には外に出てもらいましょう。煙の多い場所に赤ちゃんを連れて行かないようにしましょう。
タバコを吸う人は、赤ちゃんとベッドを共にすると、簡易ベッドでの死亡のリスクが高まります。

Feeding, dummies and SIDS:授乳とおしゃぶり、そしてSIDS

Breastfeeding your baby reduces the risk of SIDS.
It’s possible using a dummy at the start of a sleep also reduces the risk of SIDS. But the evidence is not strong and not all experts agree that dummies should be promoted.
If you do use a dummy, do not start until breastfeeding is well established. This is usually when your baby is around 1 month old.
Stop giving them the dummy when they’re between 6 and 12 months old.
母乳育児はSIDSのリスクを減らします。
寝始めにおしゃぶりを使うこともSIDSのリスクを減らす可能性があります。しかし、その根拠は強くなく、すべての専門家がおしゃぶりの使用を推進することに同意しているわけではありません。
おしゃぶりを使う場合は、母乳育児が十分に確立されるまでは始めないようにしましょう。これは通常、赤ちゃんが生後1カ月ごろになります。
生後6カ月から12カ月になったら、おしゃぶりを与えるのをやめましょう。

Get medical help quickly if your baby is unwell:赤ちゃんの体調が悪いときは、すぐに医療機関を受診すること

Babies often have minor illnesses that you do not need to worry about.
Give your baby plenty of fluids to drink and do not let them get too hot. If your baby sleeps a lot, wake them up regularly for a drink.
赤ちゃんは、心配する必要のない軽い病気にかかっていることが多いものです。
赤ちゃんに十分な水分を与え、熱くなりすぎないようにしましょう。眠っていることが多い場合は、定期的に起こして飲ませるようにしましょう。

It can be difficult to judge whether an illness is more serious and needs urgent medical attention.
See spotting the signs of serious illness for guidance on when to get help.
病気が深刻で緊急に治療が必要なものかどうかを判断するのは難しい場合があります。
どのような場合に助けを求めるべきかについては、「重病の兆候を見つける」を参照してください。

Is your baby or toddler seriously ill?
How to recognise warning or red flag signs of serious illness in children under 5, such as cold hands and feet, rapid breathing, or mottled skin. Plus, advice o...

イギリス【NHS】 新生児の世話 Caring for a newborn baby

コメント

タイトルとURLをコピーしました